2007年10月29日

GPシリーズ始まる!

ウィンタースポーツの季節になりましたね雪だるま

世界6ヶ国からエントリーした選手が世界を転戦して戦いを繰り広げる
フィギュアスケートのグランプリシリーズが開幕しました。

荒川静香選手がトリノオリンピックで優勝して以来
国内のフィギュアスケート人気は再燃していますよね。
毎回テレビ桟敷に陣取り観戦しています。テレビ

昨日終了した男子では、フリーでの2度の転倒にもかかわらず
高橋大輔選手が優勝しました。
本人は納得がいかない表情でしたが、素晴らしい内容だったと思います。チョキ

元々ステップには定評がある選手ですが、独りアメリカに渡ってヒップホップを学び
ショートプログラムのステップに取り入れました。これがまた素晴らしい!
あえて冒険をしてさらに高みを目指す。見た目とは裏腹な無骨な男臭さを感じます。晴れ

何より彼の演技は心に訴え引き込まれます。
そして今やすっかりマスターした本田コーチ譲りのパーフェクトな4回転ジャンプ。
採点表はまだ公開されていませんが加点されていたでしょう。

ステップでの転倒の為か現在2位の安藤美姫選手
彼女の滑りも素晴らしかったと思います。
あえて得意な3-3のコンビネーションジャンプを封印し、安全策をとってきた。
彼女の持つ独特な艶やかさは中学生がいくら背伸びしても手に入る物ではありません。
ケアレスミスで転倒し1位を逃したものの悲壮感ひとつ漂わせず苦笑い汗・涙1
現世界チャンピオンの余裕さえ漂わせていました。
苦労と言うものはたった1年の間にこれほどまでに人を成長させるのですねキラキラ2

今回はエントリーされていない浅田真央選手
トリプルアクセルが飛べる為天才と言われている彼女にも弱点はあります。
3回転ジャンプが実質3種類しか飛べないのです。
3回転半のトリプルアクセルを除いた3回転ジャンプは
トゥループ、ループ、サルコウ、フリップ、ルッツの5種類です。
彼女は元々サルコウが飛べません。

昨シーズンまでは認定されていたルッツも今年のルールでは認められないでしょう。
ルッツフリップのインエッジに対してアウトエッジのまま踏切る難度の高いジャンプですが
踏切りの直前にインエッジに切り替えてフリップルッツに見せかける事が常態化していました。
いわゆるフルッツという飛びかたです。

今シーズンからの新ルールではフルッツルッツとは認定されなくなりました。
ルールでは同じ種類のジャンプを2度飛ぶ事は出来ません。
フルッツの選手は飛べるジャンプが限られ不利になるのは間違いないでしょう。

思えば昔、大須のスケートリンクに行くといつも伊藤みどりさんが
山田満知子コーチに付き添われ、規定の練習をしていましたチョキ
当時はみんな伊藤みどりに憧れ、娘たちに夢を託してスケートを習わせたのですよね。
その娘達は世界で活躍しているなんて当時は想像も出来ませんでしたよ顔5

何はともあれ今年も熱い冬になりそうですねハート3
フィギュアスケートから目が放せません。

GPシリーズ始まる!の記事にトラックバックする?

*コメントの無いTBは承認致しませんのでご了承下さい*
気軽に「GPシリーズ始まる!」の記事へコメント下さいね♪
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 

アクセスカウンタ
過去記事
< 2019年10>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
オーナーへメッセージ
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへくつろぐ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 グルメブログへ

ぐったんこblog