2010年07月02日

南アフリカ(FIFAワールドカップ)旅行記 第1話

南アフリカ旅行記 第1話 集合&出発編


2010年6月17日(木)

いよいよ2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会観戦ツアー日

成田空港の第二ターミナルに11時集合との事なので
名古屋駅から7時15分発のぞみ100号に乗車電車

平日の早朝便なのでビジネスマンが多く乗車率も高め
何とか座席をゲットし品川までは予定通り1時間31分で到着~


JRの在来線乗換口から総武線へ乗り継ぎです
東京駅とは違い新幹線ホームから在来線ホームへは距離も近いく5分ほどで移動完了

09:05発の成田空港行き快速エアポート成田を待っていたのですが時間になっても現れない(><
何かのトラブルで前車が遅れた為に2分遅れで入線してきました

エアポート成田は11両編成の場合4・5号車(ホーム位置7・8番)はグリーン車です
それ以外は自由席ですが前方の方が若干空いている感じ
スーツケースを持って移動するのが面倒だったので階段から近い場所にしましたが・・・



丁度朝のラッシュ時間という事もあり車内は混雑していてとても座れません
でも新橋駅と東京駅で大半の人が下車するので空いてきます
その先の千葉駅まで行くと車内はもうガラガラで逆に寂しい位^^

品川駅から空港第2ビル駅までの所要時間は1時間35分
名古屋-品川間よりも時間がかかりますね・・・

出発が遅れても空港第2ビル駅には定刻の10:40にちゃんと到着
エスカレーターで上がるともう第2旅客ターミナルです


空港施設内に入る際にパスポートのチェックがありましたよ
成田空港駅ではこんなチェックは無いのに第2は厳重なんですねー

ジロジロと見られるしちょっと感じが悪い顔14

一旦外に出てみると11時前にもかかわらず気温は27.7℃
前日までの雨空だと移動も大変でしたがこの日は梅雨の晴れ間に当たりました


エスカレーターで3階に上がりJTB専用受付「北団体」受付カウンター37番窓口へ
受付カウンターでeチケットや保険などの書類一式と世界対応アダプタープラグのシスプラを頂きました


何とここでサプライズ!!プレゼント

高くて買うのを諦めたJAPANチームのユニフォームが用意されていたのです♪
ゆうちょ銀行のキャンペーンキャラクターであるサッカー日本代表 中澤佑二選手の背番号22入り

夢をつかもう。キャンペーン当選者のオランダ戦とゆうちょ銀行の社内インセンティブ旅行のデンマーク戦
2試合の人数分を特注で作って頂いたんだそうです顔8

更にSAMURAI BLUE RINGとJFAの非売品フリースブランケットも入っていました~
普通に青服で乗り込もうとしていただけにゆうちょ銀行さんの気遣いに感謝です(TдT)アリガトウ


スーツケースにJTB団体用のネームタグを付けマレーシア航空のチェックインカウンターへ
搭乗手続きで並んでいるとツアー参加者と思われるJAPANユニフォーム姿の人達も何人か確認出来ます


B777‐200のシートが2-5-2との事だったので窓側2席を希望しましたが満席で空いていない
仕方なく中央の通路側2席を取ってもらいましたが後に大変な事に気付きます。。。


結構混んでいたので手続きには20分ほどかかり
その後結団式の行われる4階のB‐1有料待合室へ移動します

待合室にはすでに沢山の参加者が待機していましたよ

当選者は20組40名だと思っていたのですが人数を数えても31名とちょっと少ない・・・
海外旅行でも治安の悪い南アフリカに1週間ともあると不参加やキャンセルがあっても仕方無いかぁ

実際に当選者と連絡が取れなかったり不参加もありA賞から繰り上げがあったみたいですが
エアの手配等で期日もあるし途中で締め切ったみたいですね


11:30過ぎに結団式が始まり最初にゆうちょ銀行さんの挨拶
そしてお世話になるJTBツアー添乗員のM月さんとN村さんが紹介されました

JTBツアーには付き物?の海外土産カタログについての斡旋もされやっとフリータイム

TEIラウンジに寄ろうと思いましたが搭乗開始時間の13:00まで僅かしか無いので断念
セキュリティが混んでいるようなので早めに通過して出国審査へ

さてここで免税店で買い物と行きたい所ですが
丁度3ヶ月前のマウイ島へ行く際に大量に買い込んだので何も欲しい物が無い・・・
彼氏は相変わらず煙草が購入できて喜んでいましたけど^^


搭乗ゲートへ向かうには2Fからシャトルに乗ってサテライトに行かなければならないんですね
第2ターミナルを利用するのは初めてなので要領が分からず色々時間がかかります


メイクを落として保湿クリームをたっぷりと塗りこみ
長時間飛行でも圧迫されないよう楽な服装に着替えて84番ゲートへ

着いてみたらまだ25分前なのにもう搭乗開始してるΣ(´∀`;)
他のエアラインなら10分前位までグダグダしてるのに何でこんなに早いんだろ、、、

今回搭乗する便はマレーシア航空 MH81便で機材はBoeing 777‐200
ANAのNH5853便との共同運航になっています飛行機


予定されている南アフリカまでの移動経路はこんな感じ

成田国際空港(NRT)から一旦ボルネオ島のコタキナバル国際空港(BKI)に途中降機後
クアラルンプール国際空港(KUL)に再降機しO・R・タンボ国際空港[ヨハネスブルグ国際空港] (JNB)へ

片道14000km以上の長距離移動となるのでかなりの覚悟が必要です顔13
成田空港からハワイ往復しても片道に足らずカナダのバンクーバー往復で同じ位ですね。。。

日本を出発して南アフリカに着くのはトータルで23時間30分
待ち時間もありますが外へ遊びに行ける訳でも無いので約24時間監禁状態 orz

ヨハネスブルグに着いてもバス移動が待っていて移動時間も約6時間
名古屋から成田空港まで約4時間かかっているので全部合わせると34時間・・・・・・・

もう許容範囲超えてるぅぅ(ノД`)


なんか気にすれば気にするほど疲れるので考えない事にして
81便に乗り込み遥かなる地 南アフリカへといよいよ飛び立ちます!



機内ではエスニック風な独特の香りが充満していてCAは民族衣装のサロンケバヤ姿
ANAとの共同運航ともあり日本人CAも多めに搭乗されています

2-5-2の5列シートでしたが満席と言っていたにもかかわらず
ラッキーな事に■□□■■と隣席中央に2席の空きが!!
長距離移動なので多少でも横になれると身体の負担も軽くなり楽ですね


離陸後30分程してドリンクサービスが始まり
おつまみとジュースが配られ希望者にはビールも提供されます


ドリンクサービスから40分後に機内食のランチが配られ
ビーフとチキンの両方を頂きましたがメニューが良く分からない(汗

実際メニューは提供される数分前に座席のモニターに表示されるのですが
映像に邪魔され良く見えなかったり表示されない時も・・・
マレーシア航空のWEBにも機内食の情報は開示されていないので諦めました顔10


ビーフは牛丼でチキンは照り焼きかなぁ
そうめんとサラダが付きますが配り忘れなのかバターがあるのにパンが無い。。。

日本で作って積み込んでいるだけあって味的にはまぁまぁ
最も怖いのはこの先です^^

食後のデザートにはやっぱりアイスですね
明治エッセルスーパーカップのミニです

ANA線と違ってハーゲンダッツでは無いですが安心して食べられます


日本を出発してから約5時間ほどでコタキナバル国際空港に途中降機
時差は-1時間なので日本時間の19時はマレーシアでは18時になります


トランジットパスを受け取ってコタキナバルの空港内へ向かうともう18:20
一旦集合し19時に集合との説明を受け僅かな時間ながら散策

空港内を色々と歩き回ってみても小さな売店以外特に何もない。。。
外はもう暗いし行く所も無いしでベンチに座ってダラダラと時間を潰していましたわ



19:10過ぎにゲートが開きやっと機内に戻り成田からと同じシートへ
定刻の19:30には再び飛び立ちクアラルンプールへと向かいます

ちょっと違ったのはコタキナバル空港から搭乗する人が沢山居て
機内は満席状態になり横になれる唯一のスペースだった隣席も埋まってしまいました(T_T)

マップを見るとボルネオ島からマレー半島はとても近く感じます
でも約1600kmも離れているので東京ー沖縄間並みの距離があるので結構遠いですね

離陸後50分程してディナーの提供が始まりました
メニューはサフランライス&カレーと白身魚のフライだったかな?

スパイスの効いたカレーや白身魚は良いのですがライスが、、、
フルーツは妙に硬いし口直しに白ワインを貰って終了^^


クアラルンプール空港へは22:00到着予定でしたがモニターを見ると21:45
風の影響か15分早く到着しそうな感じでしたが着いてみればほぼ定刻通り

さすがに年間平均気温が一定しているだけあって
外の気温は29℃とかなり暑そうですね

到着したのはコンタクトピアのインターナショナルレベル(Level4)
空港内で集合し乗り継ぎとなる翌日01:20発の搭乗口と時間を確認をした後はフリータイム

クアラルンプールからヨハネスブルグへの便ですが
通路側の席が取れ無かったので添乗員のN村さんが気を利かせてカウンターで交渉してくれました
が、、、結局満席で動かしようが無く変更出来ないとの事(><
搭乗開始時間にラストチャンスがあるそうなのでまた交渉して頂ける事に・・・

いつもなら個人手配なので全て自分で行っていますが
ツアーの場合は添乗員がやってくれるので楽ですねー
まぁ自分で予約していれば席は予約時点で好きな場所を選んでいるのでこんな事は起きないのですけど。。。


クアラルンプールでの滞在時間は約3時間
時間はたっぷりとあるので空港内の散策開始~

Kuala Lumpur International Airport(KLIA)はとっても広くショップもかなり多い
エリアはメインターミナルビル、コンタクトピア、サテライトビルの3つに分かれています

到着したコンタクトピアでは殆どお店が無いのでメインターミナルかサテライトに移動するしかありません

喫煙はコンタクトピアでは1階下の国内線Gate B2付近の1ヶ所と
サテライトビルのGate C11とC31付近の2階部分(Mezzanine Level)に2ヶ所のみです


とりあえずコンタクトピアとサテライトビルを結ぶエアロトレインに乗ってみたいと
乗車口に行ってみたら丁度到着していたので乗車

発車する時は人が居ても自動でドアが閉まるので挟まれたりとちょっと危険
3分間でビル間を繋ぎスピードは58kmも出るみたい

サテライトビルに到着するとサッカーボールのオブジェがお出迎え
国際線の出発口だけあって各国の人が集まり混雑気味でした


免税店や各ショップを歩き回り疲れたので何か飲もうと近くにあったスターバックスへ
どこで飲んでもあまり変わらない味なのでまぁ安心ですね

チョコレートクリームチップフラペチーノ RM16.50&アイスラテ RM12.50 共にサイズはグランデ

マレーシアは物価が安いはずですがスターバックスは特殊なんですかね?
1RMは約27円なのであまり変わらない感じ。。。

コーヒーを飲みながらテレビの前でグループBのギリシャ vs ナイジェリア戦を見ながら休憩

シュートの度にみんなで一喜一憂しここにもサッカー熱がサッカー


時間は零時を過ぎて日付も6月18日(金)に変わり搭乗開始まで後50分
立ってるのも座っているのも疲れたので搭乗口近くのベンチに横になってクロスワード

途中で添乗員のN村さんが座席交渉をするとの事で呼ばれてH8ゲートへ行きましたが
交渉も空しく結局動かせず当初の予定通り真ん中の席になってしまいました顔16


搭乗時刻の00:50になったのでゲートに向かいセキュリティへ
化粧品は高額なので常に持込みですが通過する時にファンデーションとビューラーが反応してしまいました
チェックが厳しいと時々引っかかりますが出すのも面倒だし説明するのも面倒で困り物です(ーー

いよいよマレーシア航空のMH203便に乗り込みます
機材はMH81便と同じくBoeing 777‐200

南アフリカのヨハネスブルグ行きとなると黒人の乗客も多くなりますね
ここで強烈な異臭を放つ赤いTシャツを着た黒人が一人搭乗したことにより機内は後々大変な事に。。。

クアラルンプールからヨハネスブルグまでは10時間40分とかなりの長丁場
それなのに席は他の乗客に挟まれた中央になるとは結構辛い状況です汗・涙 2


まぁ分かりやすいようにシートマップで図解

成田からは22GHでまだ良かったのですがクアラルンプールからは40EF
後ろ過ぎて5列シートじゃなく4列シートになっていました

悪臭の根源がやっぱり後ろの席に来てしまい風の流れで僅かにこちらにも orz

満席と言っていたのに窓側最後部には空席が!?
使用不可とも書いていないし空いているなら移ろうと立ったと同時に他の人も・・・
やっぱり考える事は同じなんですねー
結局取られてこの席からは逃げられませんでした(T_T)



どうなる長時間飛行
南アフリカの大地はまだまだ遠い


第2話 ドラケンスバーグ編につづく

南アフリカ(FIFAワールドカップ)旅行記 第1話の記事にトラックバックする?

*コメントの無いTBは承認致しませんのでご了承下さい*
気軽に「南アフリカ(FIFAワールドカップ)旅行記 第1話」の記事へコメント下さいね♪
日記を見ていたら出発当日の緊張感が戻ってきた感じです[顔2]
何の問題もなく帰ってこれたので言えることですが
もし治安の問題でキャンセルした方は勿体無い感じですね~[顔15]
私は仕事の関係で一週間前までツアーに参加できるかがわからなかったのですが
何とか無事に参加できてよかったです[チョキ]
日記の画像に私の後姿が載ってたので何だか嬉しかったです[顔11]
私は全く気づかなかったのですが、一緒に日記を見ていた妻が瞬時に気づきました[汗・涙1]
妻はツアーに参加していなかったのですけどね[汗・涙 2]

日記を書くのは大変だとは思いますが、第2話も楽しみにしております[ピカーン]
Posted by hisu at 2010年07月03日 01:16
朝7時15分の上りは込みますねぇ。。昔よく利用した私。
でもね、木曜日でよかったよ。これが月曜日だったらもっと大変。単身赴任族がどっと仕事場に戻っていくから。
(下りは金曜日の夕方以降が東京駅は大変。)

しかし、早い出発で。(これくらいにしないと、新幹線が遅れたらどうしようもなくなるものねぇ。)
Posted by 生田生田 at 2010年07月03日 10:13
>hisuさん
私も参加を決断するまでは散々悩みましたね
周りの人にも相談して、やめておけという意見も結構ありましたし
結局、なるようになるさ、という事で参加する事にしました
出発前にはいつになく身辺整理をしてしまったり、それなりの覚悟は必要でした
治安の関係で断った人は結果論でいえば杞憂だったわけですが・・・
会社の人に沢山迷惑をかけた事は反省してますが後悔はしてません!!

写真はいっぱい撮ってきたのでまだまだ登場してくると思いますよ
欲しい写真があれば無修正の物をメールしますので言って下さいね~

時間はかかりますが少しずつ書いていきますので宜しくお願いします♪
Posted by もぐちゃもぐちゃ at 2010年07月04日 11:30
>生田さん
思ったより混んでいてちょっとびっくり
思えば東京の人間が朝から名古屋に出社していたりしますから
混む時間帯ではあった訳ですね

最近3回の海外旅行は成田発ですが遠いですね!
セントレアは年々縮小してしまって困ったものです・・・
Posted by もぐちゃもぐちゃ at 2010年07月04日 11:36
これだけ緻密に日記にしてくださると記憶がかなり鮮明に
蘇ります。(私にはとうてい無理です)
第2弾、3弾も期待してます。
クアラルンプールのスタバ、カードの請求Webで見たら
380円ぐらい(M)なので日本と同じかちょい高ですねー。
Posted by おくら at 2010年07月04日 15:30
>おくらさん
書いておかないと忘れてしまうので日記に残しています
走り書きのメモが自分でも読めなくて四苦八苦したりしてますけど
時間が経つと記憶が薄れるので頑張って書きますね!

おくらさんもスタバ行かれたんですか、待ち時間、暇でしたよね・・・
帰りもあの辺りでたむろしてました
Posted by もぐちゃもぐちゃ at 2010年07月04日 23:16
いやぁ、臨場感ある第1話。
これからも楽しみです。

そう、治安の問題って…難しいです。
映画や報道で誇大に語られることもあれば、
自分は大丈夫と過信して被害に合う人も後を絶たない。
何も南アに限ったことではないですね。
Posted by senchansenchan at 2010年07月05日 00:34
>senchanさん
前評判が大変な事になっていたのでやはり緊張しましたね
ツアーで連れて行かれた先を検証するのは結構時間がかかる作業なので
また長丁場になりそうです

治安も岡田ジャパンに関しても事前には偏った報道がされていましたよね
女子アナを派遣しないとかいう話を聞くと仕事なのに甘えるなと言いたいです
日本と同じ感覚でいればどこの国に行っても被害に合うと思います
今回は私もそうだったように選手、関係者も自由行動は出来なかったみたいですよ
その国の状況に対応していくというのは大切だと思います
Posted by もぐちゃもぐちゃ at 2010年07月08日 00:21
日記を見せてもらいました。
私たちは、赤シャツの2つ後ろに座っていました。
詳細な日記なので、二度目の南アフリカを楽しませて頂いています。
楽しみにしています。宜しくお願い致します。
Posted by kazuo at 2010年07月09日 23:22
>kazuoさん
リンクからアルバム見せて頂きました
ショッピングが忙しくて写真が撮れなかったサントンシティの店内や
スタジアムの233エリアの様子など貴重な物がいっぱい見れました

私も写真を編集したり文章を書きながら2度目の南アを楽しんでいます
時間はかかると思いますが楽しんで頂ければ光栄です
Posted by もぐちゃもぐちゃ at 2010年07月11日 09:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 

アクセスカウンタ
過去記事
< 2018年12>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
オーナーへメッセージ
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへくつろぐ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 グルメブログへ

ぐったんこblog