2009年03月11日

イエローナイフ旅行記 第8話

15日は朝8時起き・・・ 窓の外を眺めると思いっきり曇りでした
8:40頃に毎日お決まりの気温チェックをしにYKセンターへ行ってみると-22℃を表示

曇っているからもっと高いかなぁと思いましたが意外と低いですね
しかも風が結構あったので体感は更に低く感じます

本日の予定はオーロラの次に楽しみにしていた犬ぞり操縦体験!
朝ツアー開始の10時に予約したので移動を含めると時間があまり無いので防寒準備を急ぎます

オーロラ鑑賞のように空を眺めて動かずに居るのも寒いですが、
犬ぞりのように風を切って移動すると体感温度がかなり低くなるので上下1枚ずつ多めに着て対策

あれこれ防寒に悩んでいたら時間が迫ってきたので慌てて外へ
ホテル前には常に待機しているタクシーが数台いるのですが急いでる時に限ってタクシーがいない・・・
やはり朝の時間はチェックアウト関係があるので出払っている事もありますね

しばらく待ってみましたがタクシーが来なーーい
時間が迫っているのでフロントで呼んで貰おうと思った時に1台のタクシーが到着(TT

ドライバーにCurry Driveと住所を言うとワンワンワン(犬)ねーっとすぐに解ったみたいでやっと出発
場所はニュータウンの外れにあるのでダウンタウンからタクシーで10分位です

何とかツアー開始10分前に目的地へ到着~
タクシー料金はホテルから5km弱で約CA$13.00でした (カードは使用出来ません)


今回犬ぞり体験をしに伺ったのはベックスケンネル(Beck’s Kennels)です
ここのグラントベックさんはSledDogやDogDerby界では有名な方でカナディアンチャンピオンでもあったりします

到着した時には事務所の横でスタッフが忙しそうに犬ぞりの準備をしていました
とりあえず予約してある事を伝えると事務所に入って待っててと言われたので事務所に行ってみると
自分達以外にも日本人4人グループ、外人カップル、陽気なおばちゃんとツアー参加者が居ましたわ

事務所に居ても暇なので外に出て色々見て回ります
沢山の犬ぞり犬用の犬舎があり1匹ずつ割り当てられ、ちゃんと名前も付いているみたいですね

BRPのski-dooのスノーモービルは結構沢山置いてありました

犬ぞりに選ばれない犬達は犬舎の中でとてもつまらなそう
もちろん連れてけーっと騒いでいる犬の方が多いですけど^^

小さくて可愛い子犬は親と一緒に広めの場所に

レースでも使われる2人用のソリと3人~6人用のトボーガン

トボーガンは物資運搬用に良く使われる物で12匹位で引っ張るらしいのでこれはこれで面白そう


先発組みの準備が出来たみたいで日本人グループが乗り込んで出発して行きました


その後はやっと後発組みの準備に入ります
色々な場所に点在している犬舎から犬達が選別されハーネスに繋がれていきます

繋がれると大人しくなるのですが1匹でも引っ張り出すと大変・・・
自分も自分もと数匹が動くとスピード調整用のスノーモービルがジワリジワリと動くほど力強い


ベックスケンネルの犬ぞり犬はとても多く、常に160頭は居るのだとか
犬種はハウンド系とシベリアンハスキーを掛け合わせた雑種のアラスカンハスキー犬
体格は細く大きくないですが、より寒さに強く、より速く走る事の出来る犬達なんだそう


まだかーーまだ行かないのかーとワンワン催促する中、犬ぞりの操縦方法を簡単に教えて頂きました
とは言っても乗る位置とブレーキの使い方だけの非常に簡単な説明だけ

風対策でスキー用のゴーグル、フリースのフェイスマスクも装着して準備万端
怪しい格好ですが風が直接入る場所が無いのでかなり暖かいです



いよいよ待ちに待ったNorthern Outdoor Adventure Tourの開始です!

犬ぞりは2頭1組のペアが3列で計6頭が2人乗り用の木製ソリを引っ張ります
1人はクッション兼防寒用の布団に包まりソリに乗り、1人はブレーキ操作などのマッシャー(操縦)を担当
もちろん行き帰り逆になり両方体験出来るようになっています


安全な場所に出るまでは自分達の犬ぞりと外人カップルの犬ぞりが2台並列になり
その後ろには犬達の先走り防止の為にスノーモービルが繋がれています

スノーモービルにはベックスさんが乗り込んでいよいよ出発です
犬達は勢い良く走り出し坂道を駆け上がって行きますよ

でも坂道では人が乗っている重さで速度が極端に遅くなるので後ろから押してあげます^^


2~3分して広めの場所に出ると一旦停止
ここからはスノーモービルからロープが外され単独行動の開始です!

j準備の出来た外人カップルが先に出発していきました
しばらくして前方の犬ぞりを追うように自分達も出発します

犬達の引っ張る勢いはとても強く、走りたくてウズウズしていたのが爆発したよう

湖上や針葉樹林などを通る片道5km弱位のコースでカーブやアップダウンもあるのでバラエティ豊か
犬達は毎日走っているせいかルートを完璧に覚えていて特に何もしなくても目的地へ連れて行ってくれます

でも前方を行く外人カップルの犬ぞりはどんどん遠くなる一方で追いつけません(><
もしかして体力温存してスピード落としているのかな?なんて思ったり

でもレースじゃないので急ぐ必要も無いからゆっくりでも良いけど、、、と変に納得したり(笑


湖と針葉樹林が交互に現れ、聞こえるのは犬達の息づかいと足音やソリが滑る音のみで妙に静か
これが犬ぞりなんだなぁと特別な空間を実感します
針葉樹林に突入する所は低位置から見ると迫ってくる感じが物凄く気持ち良いですよ


でもこの辺りからある1匹だけに異変が発生!?
走っているとリーダー犬の後ろの犬(2列目)が何度もこっちを向いて何かを要求・・・
スピード上げてと訴えているのか、それとも疲れたのか、ただ遊んでいるのかまったく判らない顔13

とりあえずスピードアップの号令なんて知らないので「Go! Go! Go!」と適当に言ってみると
少し気合が入ったのか速度も若干速くなったような感じ?がして前を向いて走り出しました。。。


酔いやすい人は注意!!! (再生時にHQマークをクリックすると画質が良くなります)


ずっと走っていて喉が渇いたのか走りながら雪を食べている犬も出てきました
確かに後半になってからコースが激しくなっているような気もするのでしかたないかな

そして忘れた頃にまた例の犬が・・・・

いったい何???(笑


激しそうな針葉樹林が迫って来たので判りやすいように動画を撮ってみました☆

こちらは特に酔いやすい人は注意!!! (再生時にHQマークをクリックすると画質が良くなります)


少しして小さめの湖の先に目的地が見え出し無事到着♪
犬ぞりに乗っていると余り感じませんが25分間も体験していたんですね

ずっと走りっぱなしだった犬達もしばしの休憩タイム

と思ったら疲れた様子も無くジャレあってる・・・

テントの中に入ると先発組みと外人カップルがすでに休憩していました
冷えた身体に暖かいココアとクッキーを頂いていると遅れて外人のおばちゃんも到着

知らない土地での出会いでは初めての人でも気兼ねなく会話出来るのが良い所
犬ぞりの楽しさや13日に見たオーロラのブレイクアップ話などで盛り上がります


10分程して先発組みの日本人グループは先にテントを出発していきました
自分達は着いたばかりなのでストーブで温まっていたら外人カップルはもう出発するそう!?
同じに出発したのにそんなに早く到着していたのだろうか・・・

思わず忘れそうだったけど休憩ポイントではスノーモービルの操縦もツアーに入っているはずっ!
他の誰もスノーモービル運転している様子無かったし皆興味無いのかなぁ

一応ベックスさんに聞いてみると「いいよ、やる?」という事で操作法を教えてもらい運転~~

安全上後ろにはベックスさんが乗り、自分の思うまま操縦してみましたが
慣れないとハンドル重いしスピードの調整も難しい。。。 でも楽しい♪



休憩ポイントでも十分ツアーを満喫出来たので満足々

犬達も十分休憩出来たようで走りたそうな顔をしていたので休憩も終了
行きとは交代して今度は操作をする方で長い道のりを帰ります


帰りもルートは同じなのですが行きとは何かが違う・・・
途中まで全然気にならなかったのですが、犬達のスピードが段違いに速い

行きとは比べ物にならない速さで走る犬達はレース並みに感じましたよ
それもそのはず 犬が違う!!


じゃー行きの犬達はどこに行ったかと言うと外人カップルの担当になっていました^^
行きの遅い犬達と帰りの速い犬達の差は約倍くらいあるので思った通りになりましたよ・・・

だいぶ先に出発していた外人カップルに追いついてしまった(><
道幅が狭く追い抜く事が出来ないのでブレーキです
少し距離が空くまで待ちますがその間は犬達の切なそうな声が・・・・

早く行くぞーーっ!と気合入りまくりでブレーキをかけていてもガンガン引っ張られます
そしてまた走り出すとすぐに追いついてしまいブレーキの繰り返し、、、
走っているより止まっている方が長く感じた位でしたわ


そんなこんなでベックスケンネルに到着です
帰りは24分と行きと同じ位でしたが、帰りの犬達が本気で走ったら10分台は間違い無いと確信

それにしても犬ぞりは最高に楽しかったですハート1
ソリを降り一生懸命走ってくれた犬達とハグをしてツアーが終了しました



事務所へ行き料金の支払いをします
WEBではアドベンチャーツアーはCA$75.00と表記されていますが
ずいぶん更新していないので現在は税込みでCA$85.00に変わっています

カードなどは使えなく現金のみなのでちょっと不便ですが、
オーロラビレッジの犬ぞりツアーと比べると距離や時間も倍以上あるのでとってもお徳!!


タクシーを呼んでもらい来るまで暇なので犬達と遊んでいましたがタクシーが来る気配がない
30分ほど待ってやっとタクシーが到着したのでベックスに呼ぶ時は早めに呼んだ方が良さそうです


午後からはまた歩きの予定が・・・



第7話  -  TOP  -  第9話

Posted by もぐちゃ at 23:57│コメント(2)トラックバック(0) │カテゴリ ☆ 旅行

イエローナイフ旅行記 第8話の記事にトラックバックする?

*コメントの無いTBは承認致しませんのでご了承下さい*
気軽に「イエローナイフ旅行記 第8話」の記事へコメント下さいね♪
ダウンタウンで車が少ない訳が分かりました。
みなさん、そりで移動しているんですね (なんてね

失礼しました。

犬ぞりの動画、良い体験をしましたね。
尊敬する植村直己氏のグリーンランド、北極圏犬ぞり単独行
そして北極点到達など、記憶がよみがえって来ました(感動、涙
Posted by えあらいん at 2009年03月25日 20:16
>えあらいんさん
スノーモービルはある程度使っているみたいですけど
さすがに犬ぞりは・・・(笑
除雪はしっかりされていて道路には砂利が撒かれているので
滑って転びそうになったのは1回だけでした[汗・涙1]
犬ぞりの操縦は半端なく楽しかったですよ!
普段のワンの散歩とは違ってました(当たり前かな)
植村直己さんはマッキンリーに出かけたきり帰ってきませんね(TT
一人で犬ぞり冒険なんて楽しそうですが危険極まりないですよね
Posted by もぐちゃもぐちゃ at 2009年03月26日 00:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 

アクセスカウンタ
過去記事
< 2018年10>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
オーナーへメッセージ
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへくつろぐ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 グルメブログへ

ぐったんこblog